スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

深夜のボヤキ

イライラ度MAX

こんばんは。どうにも出来ないコトで
イライラする自分にイライラするワタシ。

誰だって色々な悩みはある。
わかってる!!
でも、報われる日が来ると信じて生きてる
それが何年かかろうと耐えるしかない。
でも、耐えれる人だけじゃない
心折れる人だっている。



今日も夜な夜な目が覚める
ストレスだ。
絶対に私生活に影響があるんだ。




仕事もプライベートも
ポジティブに考えられない自分にイライラ。


家族にブチまける話題でもないし
正直誰にでも話せる話題でもない


コレ…冗談じゃなくセラピー必要かしら?


こんなに職場に疑問がある平日
お腹痛くなったり、頭痛になったりすりゃいいのに
そこは仕事しなきゃ!って方が強くて
がむしゃらに仕事して
営業さんに眉間にシワ寄ってると言われ
一体なんなんだよ(汗)


プライベートは人を信じるなんて
未だに怖くてできないし
いつか裏切られるってマジで思う自分もイヤだ。
心ひらいた相手に、手のひら返すように
態度変わる瞬間は2度と味わいたくない。
それなら、そういう関係を新たに作らなきゃイイとしか思えない自分もイヤ。




あああああぁぁぁぁぉぁぁ!!!



ここは掃き溜め?
目をつぶって朝を待ちます。
元気に仕事行くんだろうな…
はぁ





スポンサーサイト

2014/04/09(水) | のほほん | トラックバック(0) | コメント(9)

«  |  HOME  |  »

たく!

『もしかしたら』

こんばんは!
私事ですが18歳の時札幌の霊園前(現在南平岸)という場所で一人暮らしを始めました。不動産屋に紹介され最初は8畳1間で33000円駐車場5000円との話に食いつき契約をしようとしたその直後8畳+6畳の部屋が25000円駐車場3000円(しかも2台分)というとってもナイスな話を頂きそこに決めしばらく住んでました。
しばらくは何もなかったのですがある時夜の10時に黒猫が玄関先で鳴きつづけるのでコーンスープをあげてたら毎日来るようになっちゃい結局飼うことになっちゃいました。(猫ぎらいですが)
そしてその黒猫が妊娠し私のベッドの下で子供を生みました。子供は4匹でしたが結構かわいかったので飼い続けました。(猫ぎらいですが)
ある程度大きくなってきたら毎朝私が出勤すると同時に黒猫家族も外出し夜の10時に必ず帰ってくる生活リズムが確率しました。
しかしある時突然帰ってこなくなり少し心配でしたがもとの飼い主の所へ戻ったのかなって私の中では終結しました。

・・・続きはまた今度。

2014/04/09(水) 19:21:26 | URL | [ 編集]

usako

『Re: もしかしたら』

たく!さん>

な・・・
なんですか、この小話 ( ゚∀゚):∵ブハッ!!w
気になるじゃない、その続きwwwwww

2014/04/10(木) 13:42:02 | URL | [ 編集]

たく!

『ある日』

黒ねこ家族が帰ってこなくなって3か月ぐらいがたち猫の事なんかすっかり忘れていたある日の事です。
いつものように仕事を終え家に帰り貧乏ご飯を食べ風呂に入りテレビを見て夜の11時頃布団に入り寝ました。
寝ているのに枕元に猫の気配を感じ目をさますと時計は夜中の2時ちょうど。ちょっと恐怖を感じましたがそのまま布団の中でなんだろう?って思いながら目を閉じて寝ようと努力しましたが頭の上で猫がぴょんぴょん跳ねている感覚がずぅっとある。いいかげん頭にきてその跳ねている猫を直視しようとした瞬間カッチーン!!
上の歯と下の歯が強制的にくっついて離れない。目も開けれず体も動かない。頭の中はすっかり起きているのに体がまったく動かない。
これが金縛りってやつか~なんて思いながら気絶していた。
次の日も同じことが・・・。また次の日も同じに。
毎日毎日夜の2時に目が覚める。

この頃から霊のようなものを感じるようになりましたがもっと怖い現象がおこったのです。

・・・続きはまた今度。


2014/04/11(金) 19:43:29 | URL | [ 編集]

usako

『Re: ある日』

たく!さん

完全に気になる展開です。
続編早めにお願いします!!
きっと、ここを読んでる人全員思ってるわよ。

2014/04/13(日) 13:25:43 | URL | [ 編集]

たく!

『キャー!!!』

毎日夜中の2時に起きて金縛りにあうという過酷な日々に慣れかけたある冬の日に私は滝の霊園に1人で遊びにいった。この遊びとは私は走り屋というジャンルの車好きでフルピンのスパイクタイヤを装着したAE86トレノ(通称ハチロク)でドリフト走行を楽しみにいったのだが後ろからあおってくるCR-Xがいた。このCR-Xがなんとも速くて滝の霊園の中を5回ぐらい往復しても全然離れない。私は負けを認め霊園の中央部の駐車場に車を止めCR-Xのドライバーに話かけた。「速いですね~負けましたよ」と・・・。そしてそのCR-Xのドライバーが車から出てきて挨拶してきたが・・・。な・・・なんと女?!しかもタイヤはスタッドレス?!。
あちゃ~・・・。女が悪い訳ではないが私としてはドリフトフェチで夏場はサーキットにもいっている完全なフェチ。しかもドリコングランプリ北海道大会で7位に入るなど車の事に関しては絶対の自信を持っていた。
こ・・・こんな女に負けるとは・・・と思いその場は少し落ち込みながら家に帰って寝ました。
実はその夜からなぜか夜中の2時に目が覚めることがなくなり朝の6時に通常通りに起きる生活に戻れたのであります。
それから2週間後の事。
仕事から帰宅し風呂に入り貧乏ご飯を食べ寝ていたら・・・。
あの時あったCR-Xの女が私の横に寝ていた。
名前も住所ももちろん教えていなかったのに服を着て隣に寝ていた。私は寝ぼけていたのでよくわからないがヤラ●せて頂きました。
名前もわからずどうやって鍵を開けたのかもわからないままヤリ●終わって聞こうと思っていたら私は気絶してました。これは夢精とかではなくその次の朝ティッシュがあったので現実の話です。その1週間後もいつものように寝ていたらまたCR-Xが隣にいるので今度こそ気絶する前に名前やどうやって入ってきたかを聞こうとしたら先手で色々攻撃してくるもので聞けなかった。そしてまた気絶していた。
今考えると黒ねこが人間化したのかなぁ~とも思うし霊園で車を爆走してたのでなにかの霊が近寄ってきたのかな~とも思います。

これだけではありません。
ある朝私はいつものように風呂に入り会社に行こうとしたら部屋の壁から赤い点のようなものを見つけ雑巾で拭きました。その後ドライヤーをかけ会社に行く準備をしていたら赤い点が5cm四方に広がっていたので更に雑巾で拭きました。この赤い点とは液体が噴出し丸く半球になった形で点々と規則的に並んでました。
5cm四方雑巾で拭いたと思ったらその不思議な赤い液体で点々とした面積は次第に大きくなり20cm四方から噴出し最後には壁前面から噴出してきました。
私はどうすることも出来ずに逃げるように家から飛び出し会社に出社しました。
会社の先輩に話すと全然信じてもらえず寝ぼけていたんだってと。ん・・・私の事だからそれもあるし先輩の家に泊めてとお願いしたが断わられたのでしょうがなく家に帰ってみると・・・。


・・・続きはまた今度。

2014/04/13(日) 17:39:52 | URL | [ 編集]

usako

『Re: キャー!!!』

たく!さん>
もはや、コメントの域を超える話になってますよ ( ゚∀゚):∵ブハッ!!w
そろそろ結末があるのかしら・・・
赤い液体の正体。期待を裏切らない展開であってほしい反面
マジにやばい話になっているとドキドキ中

2014/04/14(月) 11:24:55 | URL | [ 編集]

たく!

『結末の無い話』

家に帰り駐車場に車を止めた私ではあるが怖くて家に入れない。玄関先までいくが入るのが怖くてためらってたが大家さんが101号室に住んでいたのでまずは大家さんに相談しようと決意しその101号室の呼び鈴を鳴らした。「ピンポーン」と安い呼び鈴が普通に鳴りそして大家さんの奥さんが普通に出てきた。
私は今までの事情を説明する前に私の部屋の下がくりぬかれていて(部屋をつぶして駐車場になっている)駐車場にした理由を聞いた。大家の奥さんは人が入ってくれないからというありきたりな言葉で返してきた。
その答えに不自然さを感じた私は「本当は何があったの?」と強い口調で質問した。大家の奥さんは視線を合わせず下のほうを見ながら「なにんもないですよ・・・」とあきらかに嘘をつく子供の代表例みたいな態度をしてきた。私としては気が狂いそうだったので今まで合った事をすべて説明したがなんにもないの一点張りで会話にならずしょうがないので怒りつつも恐怖を感じながら自分の部屋に入った。
ところが部屋の壁は綺麗な白。朝の血が噴出している様子はまったくない。先輩の言っていたとおり私は寝ぼけてたんだ~。良かった。

とまた貧乏ご飯を食べ洗濯し風呂に入りテレビを見て寝ようとしたがなぜかゴミ箱が気になりゴミ箱をのぞくと・・・・・・。

真っ赤な雑巾がそこにはあった。

・・・続きはまた後で。

2014/04/15(火) 18:50:45 | URL | [ 編集]

たく!

『長いコメントの最終回』

ゴミ箱にあった真っ赤に染まった雑巾のニオイを嗅ぐと血の生臭いニオイではなく無臭でした。貧乏でしたがさすがに洗おうとは思わずその夜にゴミ袋に詰めゴミステーションに捨ててきました。

その後の生活は多少の霊現象はありましたが過激なものではなく平穏に暮らせましたがなんとか引越ししたくて食事は白米に塩をかける3食を繰り返し超節約生活でなんとか引越し資金をため八軒という場所に引越しできました。そこは不動産屋ではなく友人の友人の紹介だったのでクリーンな物件でしたが8畳+4畳の41000円+車庫8000円とそれなりに高かったです。
それからの生活で霊関係とはおさらばできました。
この23年まったく感じることも無く楽しく生活できています。

実は30才ぐらいの時に以前のお化け屋敷を見に行きました。そこには昔の面影は全く無く新しいアパートが建ってました。被害者が増えずとってもいいことだと他人事ながらも心の底からよかったーと叫んじゃいました。

皆さんも安物買いの霊取りつきにはご注意ください!

・・・終わりです。

2014/04/15(火) 19:40:31 | URL | [ 編集]

usako

『Re: 長いコメントの最終回』

たく!さん

怖い話の最後は、詳細が分からずですかぁ
ある意味全てわかる方が怖いか?
不思議なことってあるんですね…
生々しい体験は過去そんなにないけど
ワタシも若干不思議体験はあります。
節目にはご先祖様への供養はしなきゃね!
毎回長文コメありがとうございました。

2014/04/16(水) 07:00:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://11920.blog119.fc2.com/tb.php/752-8320ba15
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。